それってつまり結局は

TEAM NACSとジャニーズのブログ。

普通肌の26歳が、お肌の曲がり角と花粉症で乾燥性敏感肌になってしまい、半年間模索し続けたスキンケア備忘録

気づけば、もうすぐ4月が終わってしまうではないですか!タイトルにもあるように、去年の冬からスキンケアを模索し続けて、ようやく鉄板スキンケアを手に入れた!と思って喜んでいたのですが、よく考えたら半年間もかかってました…。

現在26歳、去年の秋頃から使っていたスキンケア用品がすべてイマイチになり、化粧ノリが悪くなるという、所謂お肌の曲がり角を迎えました。更に、2年前から発症した花粉症が、今年に入って症状がひどくなり、くしゃみ鼻水だけではなく肌がピリピリするように。いわゆる、乾燥性敏感肌となってしまったのです。

 

それまで思春期でもそんなにニキビができなかったり、肌トラブルにほぼあったことのない私は、正直ショックでした。肌も弱くはなかったし、アイシャドウやリップは服に合わせて日によって変えたり、いろんなコスメを試して楽しんでたタイプだったのに、まさか私がこんなに肌に悩むようになるとは、と打ちのめされました。肌に悩みがないってどんなに幸せなことか。

 

でもやっぱり肌は綺麗でいたい。綺麗にお化粧したい。諦めたくなかったので、社会人なりにお金と時間を掛けて頑張りました。せっかくなので備忘録として残しておきます。

 

早々に結論から言ってしまうと、すべては肌の水分量でした。肌荒れも乾燥も化粧ノリも化粧崩れも全てはこの水分量で解決しました。それまで結構ファンデーションも模索していた私。もっと自分に合うものがあるんじゃないか、なんて思っていたけど、肌にあったスキンケアで肌の水分バランスが整ったことによって、朝のメイクする時、日中のお直しが劇的に変化しました。結局は土台(肌)の話だった。

ちなみに、私が使っているベースメイクは以下のとおりです。

  • 下地
RMK メイクアップ ベース 30ml [ポンプ付]

RMK メイクアップ ベース 30ml [ポンプ付]

 

下地は大事です!!!隠したいところ、いっぱいありますよね?それをファンデーションで隠すから崩れるのです。下地をしっかり塗って、下地である程度隠して、ファンデーションをできるだけ薄くつける。それだけで時間が経ったときの崩れ方が全然違います。

 

花粉の時期は頬や鼻に赤みが出てしまうので、赤みをコントロールするグリーンのベースを使っています。これが優秀です。肌の色が均一じゃないから色々気になって重ねちゃって厚塗りしちゃってる人って、実は多いと思います。これを塗ったらある程度のものが隠れて均一な、なりたい肌の色にしてくれるから、まさにベースを作ってくれる。

 

顔色が悪いタイプの方は血色を上げるためにコーラル、透明感を出したい方はシルバー、くすみをカバーしたい方はパープルなど、グリーンの他に3色あるので、カウンターで見てもらったほうが絶対にいいです。私は今後もマストで使っていきたいです。

 

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV 25mL

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV 25mL

 

ヒットでした!サラサラのままの肌が続く!この下地があったら崩れないから、直す必要がないくらい!仕事場でお昼の歯磨き後にメイク直そうとメイクルームで鏡見たら、直すところがなくて休憩時間が余ったくらい。今ではこの下地のお陰で前より5分時間がお得になりました。とりあえず形としてティッシュオフしてみるだけで3秒で終わる。

 

同じような使い心地で比較されることもある、プリマヴィスタの皮脂くずれ防止化粧下地。こちらも人気で私も以前使っていましたが、乾燥も持ち合わせてる私には皮脂を抑えすぎてしまって合わず。マキアージュの方がふわふわサラサラのままで一日過ごせます。あと、プリマのほうが少し白みが強く、テクスチャがしっかりしている気がします(個人の感想)。私には軽くさらっとのほうが向いていました。年齢による乾燥も出始めたので、私はTゾーンのみにこの下地を塗っています。脂性肌の方は頬などTゾーン以外にも軽く塗ると、時間が経ってファンデがベタついて崩れるのを抑えてくれると思います。

 

  • ファンデーション
【RMK(ルミコ)】 ジェル クリーミィ ファンデーション SPF24 PA++ 30g 102

【RMK(ルミコ)】 ジェル クリーミィ ファンデーション SPF24 PA++ 30g 102

 

薄付きでナチュラルなツヤ肌になれるリキッドファンデーション。ベースメイクは全部RMKです。肌が強かった頃と変えていません!その分、スキンケアなどいろんなひと手間をかけてます。

 

私はデパコスを使用していますが、自分の肌に合えば、高いお金をかける必要はないと思います。私も以前はデパコスではなく、レブロンを使用していました。

 

この実力でこの値段だったらデパコスいらないんじゃないかと思うくらいの実力派です。とにかく一度試してもらいたい。全然崩れない。時間が経ったほうが綺麗に見えてくる不思議なファンデーションです。私が開発者だったらもっとお金取りたくなる。(下世話)

 

私は以前混合肌だったのでドンピシャでしたが、このファンデーションでは潤いが足りなくなてしまったのと、敏感肌になって軽い使用感のものが欲しくなったのでRMKにしました。


ベースメイクは以上です。ついつい長くなってしまった…。さて、本題のスキンケアに入るんですが、模索した半年間の流れを追うと更に長くなるので、今回はSK-IIってどうなの?」「みんなの味方!ハトムギニベア・ヴァセリン」「ひと手間かけるということ」の3本立てでお送りします。

 

ここまで書いておいてなんですが、これは26歳・乾燥性敏感肌の私が試した感想です。脂性肌の人も多いかもしれませんが、よくあるパターンは、脂性肌だと思っていたから皮脂が出るのが嫌でさっぱりタイプを使っていたけど、実はインナードライ肌だったから保湿しなきゃいけなかったパターン。保湿が足りないと補おうとして油分が出てテカってしまうのだそうです。今の私の肌は世の中でも弱い方の肌だと思うので、弱い肌でも大丈夫だったスキンケアを紹介してますので、脂性肌の方も「自分と真逆」とは思わず読んでいただければ。

 

1・SK-IIってどうなの?

スキンケア模索の旅に出る中で参考にしていた美容雑誌やご存知、日本最大の美容総合サイト@cosme。ともに安定した人気を誇っていたのがSK-IIフェイシャルトリートメントエッセンスでした。私が子供の頃から桃井かおりさんがCMしていることで印象深い、老舗中の老舗ブランドSK-II。これだけ長い間支持されているこの商品、お高いことも知れ渡っているこの商品、一度は使ってみたい。

 

そこで、思い切ってフルラインのトライアルキットを購入しました。ちなみに、アマゾンにはSK-IIの公式ショップはなし。私は楽天で買いました。

 

セット内容はフェイシャル トリートメント エッセンス(75mL)、フェイシャル トリートメント クレンジング ジェル(15g)、フェイシャル トリートメント クレンザー(20g)R.N.A.パワー ラディカル ニュー エイジ(15g) と毎回ついてくるのかは不明ですが、私が購入したときはシートマスクもついていました。

人によって捉え方は様々ですが、フェイシャル トリートメント エッセンスが75mL入って1万円ほどは安いと思いました。正直、私は自宅の化粧水の容量と比べてなんとなく75mLを想像した時に「思いの外入ってるじゃん!」と思い、いいスキンケアだけど、高いというイメージが少し消えて「これで買えるならお得!」と思って購入しました。

 

以下、まだ少しビビっているので2回目のトライアル中である私の感想です。

 

  • フェイシャル トリートメント エッセンス

最初に使ったときの浸透力にはびっくりしました。SK-IIはコットンでつけるのを推奨していますが、貧乏性の私にはもったいないと感じてしまうので、ハンドプレスでしっかり埋め込みます。

 

ちなみに、よく言われている納豆臭いという匂い問題ですが、確かに独特の香りはしますが私は全く気にならず。そもそも納豆大好き人間で毎日欠かさず夜に食べてるほどなので、むしろすすんで嗅いじゃったのですが、納豆とは違うのでは…?でも、独特の香りはします。匂いが原因で納豆嫌いな人はやめたほうがいいかもしれないですね(笑)。

 

せっかく買ったトライアルが肌に合わなかたらどうしようかと思っていましたが、一安心。肌がふわふわしてキメが整ったような感覚です。


これで安泰!かと思っていたら、2月末頃から、花粉大魔神が猛突進でやってきました。今年は薬が効かない時があるほど完全におみまいされる始末。辛い。毎日辛い。寝ながらくしゃみして起きたの初めて。更に、去年まではなかった肌荒れが起きてしまい、75mLをもう少しで使い切るある日、SK-IIがピリピリしみるように。大ショックでした…。天下のSK-IIがだめだったら私はどうしたらいいんだ…!

 

ですが、貧乏性の私はトライアルキットとは言え1万円のSK-IIを無駄にはできません。花粉の薬で本当に乾燥がひどかった際に「しみてもいいからとにかくまず潤いを…!えい…!」SK-IIのシートマスクをしてみたところ、一発で肌が元通りに。以前のスキンケアに戻しながらも、肌の様子を見ながら少しずつSK-IIも導入してみると、その後はピリピリすることなく使えました。SK-IIが合わないのではなく、花粉が一番ひどい3日間ほど、身体が花粉に勝てなかっただけのようです。

 

先程名前を出したので先に少し言ってしまいますが、ハトムギを先に浸透させてから上からSK-IIを重ねると、ピリつかずにいい状態で使えます。そうまでしても使いたい。使うと使わないとではやっぱり翌朝が違う。

 

でもこれは、人によると思います。

 

おそらく私の花粉ピーク時の状態であろう、超乾燥性敏感肌の方にはピリついて合わないかもしれません。そういう口コミも多々見ます。私はハトムギという自分に合った戻るスキンケアがあるので試してみることができましたが、やはり使うのにリスクを伴う化粧水だということはしっかり把握するべきだと思います。もしも肌に合えば、その時は効果を体感できると思います。

 

フェイシャル トリートメント エッセンスはあくまで、「もっと強くなれる」商品。敏感な人は敏感肌用がいいに越したことはない。普通肌の人が使えば、一般人でも強い肌になっていける。ミューズである桃井かおりさん、小雪さん、綾瀬はるかさんのような肌が強い人が使えば最強になれる。これが正直な感想です。私は誰にでも勧められるものではないかな。

ちなみに、朝晩使っていたり、夜だけにしたり、敏感な時期に少し間も開けたので正確ではありませんが、トライアルの75mLで私は1ヶ月ほど持ちました。クレンジングや洗顔は1ヶ月持たないけれど、SK-IIのフルラインセットで1ヶ月1万円はやっぱりお得では?と思い、現在2回目のトライアル中です。これから皮脂が増える時期に向かっていく中、2回目を使い切ってそれでもよければ、大きめ買っちゃおうかな、どうしようかな、と思ってます。

 

  • R.N.A.パワー ラディカル ニュー エイジ

単体で買うと1万はする。めっちゃ高い。でも効果はすごいんですよ~!ふっくらします。弾力が出るというか、ふわふわになる。自分で触りたくなって、でも花粉で敏感だから触らないように我慢してるくらい。私は夜にしか使用していないので、トライアルキットの15gで1ヶ月チビチビもちました。ケチ。ちなみにフェイシャルトリートメントエッセンスがしみてしまった敏感な時期でも、このクリームは大丈夫でした。むしろ重宝していたくらい。フェイシャルトリートメントエッセンスとR.N.A.パワー ラディカル ニュー エイジが1ヶ月もつので、やっぱり私にはSK-IIトライアルキットはかなりお買い得。

 

  • フェイシャル トリートメント クレンジング ジェル

クレンジングはただメイクを落とすだけではない…!洗い流したあとのお肌を触ってびっくり。今まで使っていたのと全然違う。しっとりもっちり。ただ落とせればいいと思っていた私は猛省。

ちなみに、トライアルは15gしかないので10日間くらいしか持たなかったです。

美容家の佐伯チズさんが「30分かけてメイクしたのなら、30分かけてメイク落としをするべき。入念にメイクしたのにどうしてサッと落とそうとするの?」ということを仰っていて、「確かに!!!」と衝撃を受けた私は、以来惜しむことなくたっぷり使ってクレンジングをするようになったので、すぐ使い切ってしまいました。コスパが…ね…。

 

いいんですよ?いいんですけど、ここまで高くなくてもいいものはあると思います。でも、ドラッグストアのオイル系のクレンジングがすべて染みるようになってしまった私には、ミルククレンジングやバーム、ジェルクレンジングというデパコス系の選択肢しかなくなってしまったので、ちょっと値段を落として探してます。

 

  • フェイシャル トリートメント クレンザー

 

割りとあっさりした感じで、泡立ち派の私には物足りないです。洗い上がりはしっとりしていますが、泡立ちのためについ多めに出してしまい、20gはあっという間にさようなら。これがものすごくいいのかどうかわからないまま使い切ってしまいました。そんな私がいつも使用しているのはこちら。

 

専科 パーフェクトホイップ 120g

専科 パーフェクトホイップ 120g

 

すずめちゃん、いや満島ひかりさんのCMが印象的。キメの細かい泡立ちになります。「顔を洗いすぎるのも良くない」と聞くので、小鼻などTゾーンを中心に、手のひらが触れないような距離感で、本当に泡で洗う感じでしてます。

 

あまりの泡立ちに、泡が余ったりするので、そのまま適当に首やデコルテにもつけてます(笑)。その後ちゃんとまたボディソープもするんですけど、ただ流すのはもったいないので。心なしかデコルテがもっちりしたような。

 

以上、SK-IIフルライントライアルキットの感想です。アドバイスをするならば、フェイシャル トリートメント エッセンスは試してみないと、自分に合うかどうか分からないので、機会があれば試してみてください。もしそれで肌に合えば、とてもいいものだと思うので、高価かもしれませんが、頑張って使い続けてみてもいいと思います。他の3つは正直「お金に余裕のある人は是非どうぞ!」という感じ。

 

私は2回目のトライアルをしながら、フェイシャルトリートメントエッセンスとR.N.A.パワー ラディカル ニュー エイジを検討中ですが、皮脂が多くなるこれからの時期に様子見して慎重に考えます。

 

あ、そうそう。前述しましたが、私は楽天で公式のSK-IIから購入しているのですが、オンラインリピート特典があります!3ヶ月以内に9,000円(税抜)以上購入すると1st特典としてフルラインのトラベルセットみたいなものがついてきました~!また3ヶ月以内に12,000円(税抜)以上購入すると2nd特典はマスクと美容液みたいです。

 

もしも試してみたいのなら、カウンターより公式オンラインのほうがお安く手に入ります!

 

2・みんなの味方!ハトムギニベア・ヴァセリン

プチプラ代表とも言える「ハトムギ化粧水」「ニベア青缶」「ヴァセリン」。この3つは値段の数百倍と言っても過言ではないくらい確かな効果といろんな使いみちがあると思ってます。私の中では三種の神器

 

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

 

前述しましたが、花粉のピーク時にフェイシャルトリートメントエッセンスがピリピリしてしまったときに慌てて戻したのがこれでした。安定のハトムギ。今まで、プチプラだし、肌に合うのでずーっと使い続けてましたが、ハトムギがいい理由を再確認しました。敏感な肌にもしみない、肌の状態を整えてくれる。なんかあったらハトムギだ。これがわかったので、今後またスキンケア模索の旅に出ることがあっても、戻ってこれる、リセットできるものがあるというのは安心です。ちょっと赤く荒れちゃったけど2日もあれば戻りました。これは本当にいい経験でした。

 

現在はまず最初に肌につけるものとして重宝しています。いきなりフェイシャルトリートメントエッセンスをつけると少しピリピリしてしまうのですが、最初にまずこれを肌に吸収させ、ベースができてからフェイシャルトリートメントエッセンスを重ねています。すごい値段の差ですが。乾燥肌の私にはハトムギ化粧水だけじゃ少し物足りないんです。それと、個人的意見ですが、ハトムギ化粧水をつけてからのほうが、フェイシャルトリートメントエッセンスの浸透力が高い気がします。いわゆるブースターの役割をしてくれている気がする。大容量なのでボディにつけている方も多いですよね!

 

ナチュリエ スキンコンディショニングジェル 180g

ナチュリエ スキンコンディショニングジェル 180g

 

年明けくらいまでこのジェルの存在を知らなかったんですが、安定の大容量とべたつかない使い心地。スッと馴染んで、ハトムギへの信仰心が一層強まりました。朝のメイク前に使用しています。たっぷりつけても罪悪感のない容量と値段なので、モチモチになります。

 

ニベア クリーム 大缶 169g

ニベア クリーム 大缶 169g

 

ニベア大先生、強いです。花粉で敏感になり、ハトムギに戻したときや、正直、ちょっとSK-IIが染みるけど使っちゃったあとにも最終的にこれをつけて寝たら翌朝リセットされてました。魔法のクリームだと再確認。ナイトクリームとして寝る前につけています。私はニベアは顔だけではなくて全身に使用してます。ハンドクリームとしても、ボディクリームとしても。

 

SK-IIが少し霞むほど最強すぎるニベア大先生。よくネットにある、ハトムギ化粧水+ニベア青缶のスキンケア術ですが、私はお風呂上がりの身体が火照った状態でつけるとニベアが若干べたつくこともあるので、夜寝る前のナイトクリームとして使用するのがメインです。あとは、チューブ型を持ち歩いていて、ハンドクリーム代わりに使っています。とりあえず乾燥するところに塗っておけば間違い無し。冬場はカサカサかかとにも効果がありました。

 

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 80g

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 80g

 

ヴァセリン先生も使い道はたくさんです。私は一番色んな用途で使ってるかも。ヴァセリンとニベアって、いい仕事をする保湿系としてよく口コミやネットにあがっていますが、その仕事内容は少し違うんですよね。

 

ニベアは油分を与えるもの、ヴァセリンは油分を蓋するものなんです。

 

乾燥しているからといってヴァセリンをたくさん塗るとちょっとベタつきません?でもニベアって結構多めに塗っても割りとすぐサラッとしません?実は、用途が若干違うんですって。なので私は、ヴァセリンを薄く膜を張ってスキンケアの蓋をする、そんな感覚で使っています。

 

具体的には、夜は「ハトムギ化粧水→フェイシャルトリートメントエッセンス→R.N.A.パワー ラディカル ニュー エイジ→ヴァセリン」、朝は「ハトムギ化粧水→ハトムギ美容ジェル→ヴァセリン」と言った感じで最後に薄く使っています。

 

べたつくイメージもあったので朝のメイク前に使うのは抵抗があったのですが、花粉のピーク時に乾燥がひどくて使ってみたら、頬や目の下が朝のメイクしたてからほとんど崩れませんでした。しかも、ファンデーションのノリがいい!

 

他の使い方としては、寝る前に唇にたっぷり塗ったり、リップを塗る前に軽く伸ばしてリップベースとして使用したり、まぶたに薄く伸ばすとアイシャドウが艶っぽくなって好きです。冬の乾燥がひどいときには、寝る前にハンドクリームとしてニベアを手全体に伸ばし、ヴァセリンを手先に塗り込んだりしてます。結構使えます。

 

私は間にSK-IIを挟んでますが、これだけきちんと仕事してくれるプチプラなら、ハトムギ化粧水→ハトムギジェル→ヴァセリン、ナイトクリームでニベアでも全然いけると思います。

 

ちなみに、三種の神器からは惜しくも漏れてしまいましたが、この子も優秀プチプラさん。

ジョンソン ベビーオイル 微香性 300mL

ジョンソン ベビーオイル 微香性 300mL

 

お風呂上がり、ベビーオイルを髪の毛を乾かす前のオイル代わりに使ってます。あとは整髪料としても使ってます。私は現在ショートボブで、毛先にパーマがかかってるのですが、毎朝濡らせば簡単にパーマが復活して持続してくれるというラッキーな髪質で。

 

f:id:JaGaimo:20170421160545j:plain

↑まさにこんな感じの長さでもうちょっと毛先にパーマがある。どうでもいいけどこの子めっちゃ可愛くないですか?

 

ベビーオイルを手に軽くつけて手ぐしするか、多めにつけてウェットにしたり、かきあげバングにしてみたり、ハーフアップの後れ毛につけてまとめたり、色々使えます。ニベアもだけど、赤ちゃんにも使えるんだから悪いはずはない。


3・ひと手間かけるということ

最後に、厚かましくも、ちょっとこだわっていることを書きます。ひと手間をするということは最もお手軽な美容方法だなぁと思っています。具体的なひと手間をご紹介します。

 

  • ハンドプレス

私はなんでもハンドプレス信者です。とにかく浸透が全然違う。化粧水をつけた手を10秒顔においたままにする。コンディショナーをつけた髪を手で10秒包み込む、乾かす前にオイルをつけた髪を手で10秒包み込む。これは必ずしています。

 

ハンドプレスと言うか、肌の状態を知るためにも、肌に触れるものはできるだけ自分の手でやる、というのが私のモットーで。身体を洗うのも極力手で行っています。

 

敏感肌になって一番ダメージを受けたことが、肌をこすることでした。コットンを顔にすべらせるのが一番ヒリヒリしてしまいました。たとえそれがハトムギ化粧水をひたひたにしたコットンであっても、とにかくこするのが駄目でした…。なので、やさしくしっかりハンドプレス。ちなみに、私はショートヘアなので、速乾タオルのヘアグッズを頭に巻いて、入念なハンドプレスとともに10分以上スキンケアしていると、髪の毛がほぼ乾いているので、ドライヤーをする時間が短くなりました。熱に当てる時間が少なくなって髪にもいいし、一石二鳥。

 

  • 塗ったものを浸透させてからメイクをする

朝って時間ないじゃないですか。慌ててメイクしてると、それが崩れの原因になるんですよね。化粧水や乳液が浸透する前、お肌の上っ面にのったままで下地やファンデーションを塗ると、仕事場についた時点で崩れたりすることもあるくらい化粧ノリが良くないんですよ。しっかり保湿して下地にすすみたいけどまだちょっと顔の表面にスキンケアが残ってるなぁ、と思ったら、思い切ってティッシュで抑えてます。でもそのかわり、「ちゃんと塗れたからティッシュで抑えても大丈夫!」と言えるくらいしっかりスキンケアをした上でやっています。やっぱり全てはスキンケア。

 

  • 泡を使って洗う前にまずしっかりお湯で洗い流す

シャンプーやボディソープを使って洗う前に、まずしっかりお湯ですすいでます。結局、お湯でも落ちる汚れは落ちるようで。結構違いがあるのがシャンプー。お湯でしっかりすすいでからシャンプーすると、シャンプーの泡立ち、浸透が違うんです。整髪料をつけていたりすると、泡立ち鈍くないですか?先にある程度落としてからのほうがいい気がして、髪も身体もずーっとやってます。

 

  • メイク落としの前に蒸しタオル

私はとにかくゴシゴシ早く落とすより、肌をいたわって時間をかけて落とす方を選びます。クレンジングする前にはレンジでチンした蒸しタオルで毛穴を開かせてから行っています。お風呂をためている間に蒸しタオルして、ゆっくりクレンジングすると、ちょうどお風呂が溜まっていい感じ。

 

とはいえ、働き盛りの端くれなので、今日も明日も明後日も遅く帰っては早起きしなきゃいけないハードな時期もあり、そんなにスキンケアに時間をかけていられないときも正直あります。そんなときはそれでいい。忙しくないときに、忙しくなっても負けない肌作りに力を入れればいい。これなら私は難しくなくできています。

 

長くなりましたが、かなり参考にさせてもらった@cosme。ガチでいいものを見つけたかった私は、年齢や肌質を組み合わせたり、いろんな形でランキング検索したかったので、有料会員になり、悩みながら毎日熟読していた挙句、BLOOM BOXというコスメボックスの会員になっちゃいました。1,600円で定期的にコスメが数点入ったボックスが届くのですが、これが結構楽しみ。

相変わらず乾燥性敏感肌ですが、たまにBLOOM BOXの化粧品を試したり、口コミでいいと言われるものを試してみることもできるようになりました。もし合わなくてもハトムギでリセットして、SK-IIで強くする。この基本は変わらず。

 

もしも数年前の私に会えるなら、お肌の曲がり角は絶対に訪れるから、もうちょっと美容の知識貯めとけ!と言いたいです。知識がなければ自分の肌荒れの原因が何なのか、自分の肌には何が合うのかが見つけにくいので。

 

去年の冬から出発した旅が、ようやく落ち着きました。少なくとも、夏まではこの布陣で挑んでいきます。夏になったらまた違うものを使うのか、それとも夏になったら今の布陣が更に強く輝きを増してくれるのか。後者を期待して楽しみにスキンケアしてます。

兄弟構成から見るジャニーズ76名~第一子・間っ子・末っ子・ひとりっ子〜

 


今年2月頃からありがたいことに昇格し、仕事のチーム内の中間管理職となりました。更に4月にはなかなか個性的な(最大限に言葉を選んでいます)方が異動してきて、中間管理職1年目の私はあくせくする日々です。

 

「とりあえず任せる!」と信頼して実践させてくれる上司の負担を減らしたいのですが、大体が年上の他のメンバーに指示を出して、仕事をうまく回すことは難しい!誰に何の役割を割り振ればみんながいい気持ちでスムーズに仕事ができるのだろうと思い、ふと思い立って今更ドラッカー先生の「マネジメント」関連の本を読み漁りました。すると、チームを一つの小さな会社と見立てて、チームをマネジメントしようとすると結構うまくいく!自分なりの「もしドラ」中なんですが、ドラッカーやっぱすごいよ!色んな業界に置き換えられる!

 

そういった本を読んでいると、世間は小さな組織がいくつも組み合わさってできていると実感しました。身近なところでいうと、家族も組織のひとつだなぁと思っていたところ、映画学校に通っていた時代に、心理学の授業を選択していて、その中で兄弟構成による性格を学んだことを思い出しました。

 

うちのチームで、内部の人からも間違えられたりするほど似た雰囲気の方がいて、そのふたりは、2つ年上の兄と4歳年下の妹がいるという同じ兄弟構成でした。なんとなく性格、雰囲気が似ているのには理由があったのです。しかし、仕事においては少し特性が違っていて、雑談はとても盛り上がっているこの2人、仕事で組むと意外とうまくいかなかったりする。

 

ますます兄弟構成が気になった私は、親しみがあり、且つ仕事においても勉強になるジャニーズグループの兄弟構成を調べてみました。グループというチームも立派な組織であり、様々な姿勢で統率する最年長、影のまとめ役ともいえる中間管理職、甘やかされたり怒られたり荒波に揉まれる最年少から成り立つもの。お兄ちゃんとして育った子が末っ子としての力を発揮したり、末っ子として育った子がリーダーシップを発揮したりする可能性があるのではないでしょうか。

 

以前私はこんな記事を書いたのですが。

 

jagaimo.hatenablog.com

 

jagaimo.hatenablog.com

 

中学生の半ばからつい2年ほど前までTEAM NACSに盲目だったことからジャニーズが勉強不足だったのでこの守備範囲だったのですが、最近仕事での立場が変わってから全てのグループに興味を持ち、レギュラー番組を軒並み録画し、Jrの番組も見るようになったのでだいぶ守備範囲が広がりました!去年夏から勢いのあるHey! Say! JUMPの伊野尾くんが、大泉さんファンということでとっかかりやすく、一気に同年代・年下へ興味が。Sexy Zoneのバラエティ感覚がツボで好きです。佐藤勝利くんの言葉のチョイスと松島聡くんの期待を裏切らないレスポンスが好き。「真夜プリ」も見始めてキンプリをようやく把握しました~!個人的に岸くんと森田美勇人くんが高校時代に仲の良かった後輩に似ていて応援。同年代~年上であるキスマイもA.B.C-Zもトークが安定してるから、番組を見てるとメンバーの立ち位置がすんなり入ってきて、もうもう、ジャニーズって面白い!そこで、今回はSMAP以降のデビューグループ+山P、斗真くん、風間くん、中山優馬くんも入れた総勢76名でなるほどなぁと見ていくだけの完全なる自己満です。

 

兄弟構成は、下の兄弟のみがいる「第一子」、上と下両方に兄弟がいる「間っ子」、上にのみ兄弟がいる「末っ子」、兄弟のいない「ひとりっ子」に分けられます。今回こちらジャニーズ 兄弟~はじめっ子・間っ子・末っ子・一人っ子~まとめてみた - Yahoo!知恵袋のまとめを参考にさせていただいた結果、76名中、「第一子」は23名、「間っ子」は13名、「末っ子」は33名、「ひとりっ子」は7名でした。(正しくない方もいるかもしれませんが、全部を調べることができず…)

 

まず、兄弟構成のそれぞれの特徴についてご紹介します。


第一子

  • 面倒見がいい
  • 我慢強い
  • 責任感が強い
  • しっかり者
  • 同性の兄弟がいる場合は、「男は強くあるべき」など固定概念が強い
  • 異性の兄弟がいる場合は、自然と異性を思いやる人になる

例:木村拓哉村上信五、中丸雄一、藤ヶ谷太輔菊池風磨など

 

間っ子

  • 目立ちたがり屋
  • 甘えん坊でもあり、自立心が強い
  • 空気が読める
  • 争いごとは面倒くさいので嫌い
  • 同性の兄弟がいる場合、同性からの人気が高くなる
  • 異性の兄弟がいる場合、より一層世渡り上手で、まとめ役に向いている

例:山口達也、井ノ原快彦、亀梨和也山田涼介河合郁人など

 

末っ子

  • 甘え上手
  • 要領が良い
  • チャレンジ精神がある
  • 放っておけないという印象を持たれる
  • 同性の兄弟がいる場合、一点集中型で生涯プレイヤー型になる
  • 異性の兄弟がいる場合、モテる人になる

例:長瀬智也岡田准一松本潤、知念侑李、小瀧望

 

ひとりっ子

  • 芯が強い
  • マイペース
  • 争いごとが嫌いというより無関心
  • 気配りが少し苦手
  • 明るい性格か暗い性格か、二極化する
  • 独創的な世界観があり、芸術性が高い

例:城島茂手越祐也岡本圭人北山宏光中島健人


上記は、なんとなくそれっぽく見える人をピックアップしてみました。兄弟が同性か異性かでも少し違うようです。ちょっと面白くないですか?それでは、グループの中で兄弟構成立場がどんな関係性をうんでいるか見てみました。

 

SMAP

f:id:JaGaimo:20160705221530j:image

f:id:JaGaimo:20160705221509j:image

最年長→中居正広(末っ子)
最年少→香取慎吾(第一子)


SMAPは第一子と末っ子からなるグループでした。中居くんとつよぽんが同じ三人兄弟ですが、中居くんは末っ子、つよぽんは第一子。しかし、グループでの立場はまるで逆(笑) 吾郎さんとつよぽんロハスコンビとして同じようなほんわかした雰囲気なのは、女兄弟がいるからでしょうか。しかし、つよぽんは弟さんもいるそうですが、同じく弟を持つ木村さんとは違うタイプに見えます。というより、あまりのマイペースさにつよぽんはひとりっ子かと思ってましたw 慎吾くんは第一子ですが、グループでは末っ子力を発揮。お兄ちゃんしてるイメージができません…。

 

  • しんつよ  草彅×香取 (第一子×第一子)

共に第一子シンメ。第一子同士はお互いの苦労が共感できるので安定した関係を築けるそうです。末っ子育ちのリーダーに怒られることもあったでしょうが、二人で強くなれるタイプ。また、つよぽんが自由人なので、慎吾くんがお兄ちゃんみたいにお世話する一面がたまにあり、慎吾くん本来の第一子の性質が出せるのも、ストレス解消となっているのかも?

 

TOKIO

f:id:JaGaimo:20160705221701j:image

f:id:JaGaimo:20160705221647j:image

最年長→城島茂(ひとりっ子)

最年少→長瀬智也(末っ子)

 

なんと第一子がいない!あんなに男らしくて頼りになる5人なのに!兄ぃと呼ばれる山口くんだけ、実生活でも下に兄弟がいるようで納得。城島リーダーと松岡くん、ひとりっ子なんですね。松岡くんは山口くんというお兄ちゃんが出来て嬉しかっただろうなぁ!自身も後輩から慕われるアニキ肌だし。子供の頃にお兄ちゃんへの憧れがあったのかも。太一くんと長瀬くんのお姉ちゃんがいる末っ子にはなんか納得。DASHを見ていても、みんなで色々やる中、結局他のメンバーに手を貸してもらってるようなイメージ。城島リーダーは色々通り越してお母さんやおじいちゃんなイメージなので性格は独自のものかしら?

 

  • リセッタコンビ  城島×山口 (ひとりっ子×間っ子)

この組み合わせはお互いに最もかけ離れた兄弟環境で育ったということで、お互いを尊重できるそうです。鉄腕DASHを見ていても、どちらも器用だし博識がありますが、二人ともそれを誇示しようとせず、協力し合っているため、最も早く作業を進められるコンビに見えます。ちなみに松岡くんと山口くんも本当の兄弟のように仲良しに見えるので、この組み合わせは信頼できそう。

 

V6

f:id:JaGaimo:20160705221741j:image

f:id:JaGaimo:20160705221758j:image 

最年長→坂本昌行(末っ子)
最年少→岡田准一(末っ子)

 

剛健のみが第一子。グループとしてはお兄ちゃんな坂長コンビは末っ子。そんな坂長が大好きな岡田くんも末っ子。そして第一子と末っ子に挟まれ、実生活でもグループでも間っ子なイノッチ。男女どちらの兄弟もいるし、もはや中間管理職のプロとも言えるイノッチが人に好かれるのは、空気が読める間っ子だからでしょう!一見、第一子のように見えない剛健ですが、カミセンでいる時の岡田くんへの対応は持って生まれたお兄ちゃん気質が垣間見れる気がします。

 

  • 坂長  坂本×長野 (末っ子×末っ子)

末っ子同士は仲良くなるのは早いようなのですが、お互い心のどこかに「甘えたい」気持ちがあるため、その後どちらかが舵取りの役割をしなければうまくいかなくなってしまうコンビだそう。坂長の場合は、長野くんが坂本くんを軌道修正させるイメージで、結果的に舵取りをしているように見えます。長野くんも末っ子なので甘えたいはずですが、下のメンバーから甘えられまくっているため、食に関してだけは末っ子らしく我が道を突き進んでいるんでしょうか(笑)


KinKi Kids

f:id:JaGaimo:20160705221837j:image

f:id:JaGaimo:20160705221856j:image


はい同じ〜!どこまでも同じ〜!知ってた〜!異性のいる末っ子の性格としては目上の人の言うことは素直に聞くけど、自分の好きなことだけをやりたがる傾向があるそうで。お二人共、きちんとやるべき仕事をやる反面、好きなことも仕事でできているイメージ。末っ子×末っ子の二人で仲はいいけどお互い甘えたがりでバランスをとりにくいという性質がある反面、男女の場合は子供が産まれてバランスが取れると、いい家庭を築くそうです。光一くんと剛くんにとって、子供のような大事な存在は「KinKi Kids」というグループではないでしょうか?グループへの責任感や大事に育てることを協力することで、どちらかが舵取りをしているようには見えないですが、揃って進むことができるのではないでしょうか。


f:id:JaGaimo:20160705221929j:image

f:id:JaGaimo:20160705221943j:image


最年長→大野智(末っ子)
最年少→松本潤(末っ子)

なんとSMAPと同じく第一子と末っ子のみ!売れる5人組の特徴なのでしょうか…?末っ子3人組は3人とも2歳上のお姉ちゃんがいるとのことで、ここまで同じ兄弟構成がいるのも珍しいのでは?性格は違うように思えるけどなんだか波長の合う櫻葉コンビは共に第一子。SMAPと同じくリーダーは末っ子ですが、実際に場を仕切ったりするのは翔くんという第一子が多いように感じるので、ここは兄弟構成が割とそのままグループ内に反映していそうです。

 

  • にのあい  相葉×二宮 (第一子×末っ子)

末っ子と第一子の組み合わせはベストだそう。第一子が甘えてくる末っ子を面倒くさがったりすると崩れがちなコンビだそうですが、相葉さんは持って生まれた優しいお兄さん気質でニノの愛のある毒を全て受け入れてるのでオールオッケイ。しんつよ同様、年上の相葉さんを年下のニノが引っ張る一面もありますが、相葉さんが唯一「お前!」と乱暴な口調ができるところを見ると、性格というより性質でマッチングしている印象の二人。

 

タッキー&翼

f:id:JaGaimo:20160705223120j:image

f:id:JaGaimo:20160705223130j:image


はい同じ〜!しかし、タッキーにはお兄ちゃんもいるそうで。二人ともほんわかした雰囲気ですが、タッキーは色々とJrの面倒を見ているので男兄弟がいることが納得。末っ子同士は舵取り役がポイントですが、男兄弟のいるタッキーが何かと率先してやりそうなイメージ。どちらかというとタッキーから翼くんへの愛が大きそうなので、末っ子同士ではあるものの、タッキーがお世話役、翼くんが甘え役というように役割分担がしっかりできていそうで、バランスが取れているのではないでしょうか。

 

NEWS

f:id:JaGaimo:20160705223155j:image

f:id:JaGaimo:20160705223204j:image

最年長→小山慶一郎(末っ子)
最年少→手越祐也(ひとりっ子)

 

これはかなり珍しい!末っ子とひとりっ子の2:2!みんな比較的甘やかされて育っている!実生活では末っ子の小山くんが、リーダーとして奮闘しながら「メンバーはみんな我が強い…」と零していたのを思い出して、かなり納得しましたw コヤシゲ・テゴマスに分かれると、どちらもひとりっ子に主導権が渡りがちな雰囲気です。特筆すべきは手越くん。血液型で判断するわけではないですが、B型のひとりっ子というスーパーマイペースな星のもとに生まれ、それをそのまま体現。見ていてもはや痛快!

 

  • コヤシゲ  小山×加藤 (末っ子×ひとりっ子)

基本的に自己完結型なひとりっ子は、甘えてくる末っ子の相手をするのが時々面倒になることも。しかし、小山くんは例えシゲアキ先生に構ってもらえなかったとしても、おそらくめげないはず。そのうち小山くんは自然と末っ子特有の「放っておけないという印象」を発揮し、シゲアキ先生も、ひとりっ子特有の多少気が遣えない部分が出ても許してくれる小山くんといると、自然体でいられるのでは?何よりお互いがお互いを可愛がっているように見えるので、どっちも自由にするというよりは、どっちかがドジな時はどっちかが助ける切り替えが上手くいってそうです。


関ジャニ∞

f:id:JaGaimo:20160705223233j:image

f:id:JaGaimo:20160705223251j:image
最年長→横山裕(第一子)
最年少→大倉忠義(第一子)


人数が多い割には、全体で一番多かった末っ子がわずか1人。逆に比較的少ない間っ子が2人いる、結構珍しいパターン。また、最年長の横山くんと最年少の大倉くんが同じ男三兄弟の第一子で、間っ子のすばるくんや下に妹さんがいる錦戸さんも含めると7人中半数以上の4人が、自分も含めて男三兄弟の立場。面白い中にも男らしさがある関ジャニのイメージはこの4人が大きい気がします。その中で無邪気に立ち振る舞う、お姉ちゃんがいる末っ子の安田くん。彼がどこか異質な理由がわかった気がします。

 

  • ヨコヒナ  横山×村上 (第一子×第一子)

しんつよとは少し違う第一子コンビな雰囲気は、同性のみの中で育った同学年の二人ということが大きいでしょう。第一子は、初めはひとりっ子状態だったのに、下の兄弟ができて状況がガラリと変わる経験を子供ながらにしておりその苦労を共感できるので同志といった関係性になりやすいようです。同じ気持ちになれる二人の間に入るのは、独自の路線を行く傾向のある間っ子のすばるくん。自立心のある間っ子と仕切り気質の第一子では、間っ子が素直に甘えられる場合に良い関係性を築けるということで、三馬鹿トリオの絶妙なバランスに納得。

 

KAT-TUN

f:id:JaGaimo:20160705223312j:image

f:id:JaGaimo:20160705223318j:image

最年長→中丸雄一(第一子)
最年少→亀梨和也(間っ子)

 

3人バラバラです。男兄弟の間っ子で育った亀梨くんに比べて、ガツガツいかない印象の女兄弟の中で育ったロバ丸。二人の妹さんを持つ中丸くんの「頑張れお兄ちゃん…!」的なエピソードは以前見かけたことがあり、その時は「意外だな」と思っていたのですが、「シューイチ」を見ているうちに納得してきましたw 少し謎なのは、亀梨くんの時々出る末っ子っぽいトンチキ具合は、KAT-TUNの中で形成されたものかしら…?男三兄弟ではなかなか形成されなさそうな気がします。

 

  • ロバ丸  中丸×上田 (第一子×末っ子)

にのあいと同じ第一子と末っ子のベストコンビ。にのあいと比べると、第一子の兄弟が同性か異性かの違いがあるように思えます。弟のいるお兄ちゃんが相葉さんで、妹のいるお兄ちゃんが中丸くん。それに加えて、かつて中性的な雰囲気だった上田くんの立ち振舞がポイント。中丸くんを困らせるかのように気を引いてみせたり、ツンデレで無邪気なわがままぶりが弟というよりかは妹みたいなイメージ。中丸くんが弟のいる第一子だとこういうロバ丸の雰囲気は出なかったように思うので、需要と供給がマッチしているような感覚です。

 

Hey!Say!JUMP

f:id:JaGaimo:20160705223334j:image

f:id:JaGaimo:20160705223340j:image

最年長→薮宏太(末っ子)
最年少→知念侑李(末っ子)

 

さすが大所帯、第一子からひとりっ子まで全て揃っている上に、兄姉弟妹の全ても網羅。兄弟のいる8人中6人に女兄弟がいて、更にそのうち伊野尾くん以外はお姉ちゃんがいる。グループとしてほんわか甘え上手な雰囲気が強いのはそれが理由でしょうか?また、髙木くんと八乙女くんが異性の混じった4人兄弟で、平成生まれにしては兄弟が多いかと。異彩を放つ岡本くんですが、幼い時にイギリスに単身留学したり、ほとんどJr経験がないのにデビューしたりと厳しい環境に置かれることが多いけれど、乗り切る力にはひとりっ子特有の芯の強さを感じます。

 

  • やまちね  山田×知念 (間っ子×末っ子)

この組み合わせは上記にはないコンビ。というのも、自立心の強い間っ子と依存心の強い末っ子は相性があまり良くないそうなのです。しかし、下にも兄弟のいる間っ子が第一子的な面倒見を発揮するとうまくいくそうで。何より知念くんが女の子のように可愛いのが最大のポイントでしょう!くっついてきたり構ってちゃんだったり、甘えん坊の王道な知念くんに対し、妹のいる山田くんは愛でる以外の術はなく、「かわいいかわいい」と喜んで面倒を見ているようなイメージ(笑)。知念くんが甘えん坊な限り相性が悪くなることはなさそうなので今後も安泰なはず。

 

Kis‐My‐Ft2

f:id:JaGaimo:20160705223421j:image

f:id:JaGaimo:20160705223429j:image

最年長→北山宏光(ひとりっ子)
最年少→千賀健永(第一子)


こちらも全てを網羅!しかし、兄姉弟を持つ人はいますが、妹がいる人がいない!妹がいる兄は女の子を可愛がるということが自然と出来る一番のモテ系です。しかし、その経験が無いこのグループだからこそ、「キスマイBUSAIKU」で女の子への対応にあくせくしていて面白いのか!と大発見。面倒見が良さそうな北山くんがひとりっ子とは意外でした。いきなり沢山の弟が出来て、心の中ではとっても嬉しいはずです。

 

  • みやたま  宮田×玉森 (間っ子×第一子)

第一子は責任感のある反面、潜在的に「本当は甘えたい」という思いがあるからか、「自分を好きと言ってくれる人」を好きになりがちだとか。ちゃんと愛情表現してくれる宮田くんに対して、下に兄弟ができる前のひとりっ子状態の時のようなツンデレを発揮する玉森くん。間っ子は甘える事も、甘えさせることもできる器用なタイプですし、玉森くんのツンデレに宮田くんがその都度対応できる力を持っているのでバランスはバッチリ。

 

Sexy Zone

f:id:JaGaimo:20160705223441j:imagef:id:JaGaimo:20160705223448j:image

最年長→中島健人(ひとりっ子)
最年少→マリウス葉(末っ子)


風磨くんとマリウスくんが三人兄弟、勝利くんが4人兄弟と、昨今にしては兄弟が多い!特に勝利くんは上のお兄ちゃん2人が双子とのことで、かなり珍しいのではないでしょうか。ケンティーがひとりっ子だと知った時にすぐ浮かんできたのが手越くん。なんか似てます、二人。しかし手越くんと違い、グループでは最年長のケンティー。下の三人が実生活でも末っ子ということで、微笑ましい限りです。

 

  • ふまけん  中島×菊池 (ひとりっ子×第一子)

夢見がちなひとりっ子を現実的な第一子が受け止めることができればいいコンビになるそう。ケンティーには可愛い弟が三人もできたことでお兄ちゃんとしての役割が生まれ、さすがのラブホリ先輩も夢を見すぎないことも大きいでしょう。実生活でも小さい弟妹の面倒を見ている風磨くんとひとりっ子のケンティー。ひとりっ子は自分と違うタイプに好意を持つという傾向があるというので、下の三人の面倒を一緒に見る相手としてはいいコンビだったのでは?

 

A.B.C-Z

f:id:JaGaimo:20160705223519j:image

f:id:JaGaimo:20160705223524j:image

最年長→五関晃一(間っ子)
最年少→橋本良亮(末っ子)

 

総数の中でも比較的少ない、間っ子が過半数。更に、全員に女兄弟がいる!少し意外でした。はっしーにはお姉さん、他の4人には妹さんがいるということで、実は一番モテ男が揃ったグループなのかも?優しいのかドSなのか、五関様が醸し出す不思議な魅力は、姉妹に囲まれて育ったからでしょうか。同じく二人の女兄弟がいる塚ちゃん、妹さんが二人いるそうですが、全く想像できません…。男兄弟がいないという反動であんなに色々とアウトなんでしょうかw

 

  • はしとつ  戸塚×橋本 (間っ子×末っ子)

やまちねに続く異色コンビ。しかし、こちらも負けず劣らずのカップル並みのタッチの多さ。やまちねは山田くんが知念くんを可愛がるベクトルのほうが強く感じますが、はしとつは、はっしーがとっつーを慕うベクトルのほうが強い印象。とっつーはみんなに好かれるので、嫉妬や束縛をしがちな性質を持つ末っ子のはっしーは「とっつーを独り占めしたい」とA.B.C-Z加入前から猛烈アピール。そして同じグループになったことで、自分を慕ってくれる後輩の中でも「特に可愛がってあげたい」という第一子的な性質がとっつーの中で強くなったと思うので、同じグループになれてより一層うまくいくコンビになったのでは?

 

 

ジャニーズWEST

f:id:JaGaimo:20160705223600j:image

f:id:JaGaimo:20160705223606j:image

最年長→中間淳太(第一子)
最年少→小瀧望(末っ子)


同じ7人組の関ジャニ∞、Kis‐My‐Ft2と比べると圧倒時な末っ子の数。どうしても並べたくなってしまう関ジャニ∞ジャニーズWESTですが、関ジャニ∞は面白さから男気が見える一方、ジャニーズWESTは面白さからほんわかした面が垣間見える気がするのは、末っ子の数や女兄弟の数が多いからでしょうか。グループとしても実生活としても末っ子な小瀧くん、お姉さんに溺愛されているとか。流星くんの妹さんお二人がE-girlsなのは有名ですが、グループきっての高身長・イケメン二人がモテ系な理由が分かります。

 

  • ツインタワー  藤井×小瀧 (第一子×末っ子)

ロバ丸以来の女兄弟を持つ第一子×末っ子コンビ。しかし、こちらは雰囲気が似ていて本人達も「遠くから見たらどっちか見分けにくい」と公言しているほど。特に何かをしなくてもずっと一緒にいれるらしい二人。末っ子は無意識に頼れる人を欲していますが、異性の兄弟がいる場合は頼りきりになるのではなく、自分も一緒に頑張ろうとする傾向もあるそうなので、自分と似た人だと一緒に物事がしやすく、居心地の良さを感じているのでしょうね。

 

ソロ組

f:id:JaGaimo:20160705223707j:image
やまとまコンビが第一子、優馬くんは間っ子、風間くんは末っ子。風間くん以外はご兄弟のお顔を見る機会がありましたが、揃って美形。山PはNEWSでもお兄さん的な立ち位置のイメージで、ソロになった後も共演した後輩を可愛がるイメージなので、第一子っぽいんですが、斗真くんは上から好かれる末っ子っぽい印象。優馬くんは既にHey!Say!JUMPとしてデビューしている仲良しやまちねコンビとも伸び伸びNYCで活動していたので、間っ子の空気を読む力が発揮されたのでしょうか。風間くんは第一子の相葉くんとの交友を見ていると、愛され弟キャラを感じられます。


ちなみに、どんな年齢差の兄弟が多いのかを見てみると…。

 

f:id:JaGaimo:20160705223805j:image

2歳上のお姉さんを持つ人が断トツに多い!該当者は稲垣吾郎岡田准一大野智二宮和也松本潤、増田貴久、上田竜也、知念侑李など。そしておそらく、その2歳上のお姉さんの影響でジャニーズに履歴書を送ったor送られたパターンが多いはずです。もはやジャニーズに入るにはイケメン且つ2歳年上のお姉さんが必要かもしれません。

 

男兄弟で一番多いのは4歳年下の弟さん。該当者は相葉雅紀生田斗真玉森裕太藤ヶ谷太輔亀梨和也など。優しくてでも芯はしっかりしてて同性に好かれそうなメンツ。

 

やはり、10歳以上離れた兄弟は珍しいようで、一番離れているのは井ノ原さんの15歳下の弟さん、丸山くんの15歳下の妹さん。1回り以上だと翔くんの13歳下の弟さん、風磨くんの13歳下の妹さん、八乙女くんの12歳上のお兄さん。年の離れた兄弟は大体下が多い中、八乙女くんは上に離れた兄弟が。可愛がられただろうなぁ。

 

また、兄弟の数が一番多いのは自分も含めた5人兄弟の神山智洋くん。兄1人、姉1人、妹2人ということで弟さんはいないようなので兄弟コンプリートならず。続いて意外と多かったのが自分を含めた4人兄弟で、井ノ原快彦、亀梨和也錦戸亮高木雄也八乙女光佐藤勝利、濱田崇裕。4人もいればほとんどが男女入り交じる兄弟でしょうが、亀梨くんのみ男四兄弟!育ち盛りの食卓が大変そうです。

 

最後に、グループにおいて大きな役割を果たしている エースについても少しピックアップしてみました。今回のエースのおおまかな定義は「テレビドラマと映画の主演数が一番多いメンバー」です。露出が多いメンバー=グループの顔なのかな、と。

 

f:id:JaGaimo:20160707164049j:image

 

意外にも第一子が少ない!強い責任感で風を受けながら前を走るような木村くん・藤ヶ谷くんは、第一子というよりカリスマ性があるイメージです。母体が大きいこともありますが、末っ子が断トツに多い。末っ子は上の兄弟を見て育つので怒られないように要領よくできる反面、上の兄弟と比べられて悔しい思いをするのでハングリー精神が生まれるそうです。第一子は責任感は強いですが、同時に我慢強さもあり。どこか自分をセーブしてしまいがちなのでしょうか。 

中堅から若手グループに従って、間っ子とひとりっ子が増えます。先輩方が作ってくれた多様な道が定着した後にデビューしており、マルチさを求められる中、グループ内の立ち位置を把握でき、臨機応変に動ける間っ子や、もはやマルチを超越して他のグループにはいないような独創的なひとりっ子が強くなったのでしょうか。


さて、長々と書きましたが、今回調べてみて、兄弟構成を把握しているとグループの特性やメンバー同士の関係性がわかり易くすんなり入ってくる気がしました。個人的には、グループ内の仲のいいコンビがどうして仲がいいのか、醸し出す雰囲気がどうしてそうなのかが分かるような気がして、割とこの兄弟構成における性質の差を信用してます(笑)。

 

末っ子で育った人がグループを引っ張る立場だったり、長男で育った人が可愛がられる素直さを発揮したり、ジャニーズ特有のさすがの順応性でグループでは逆の兄弟構成になる場合も多く、そう考えるとグループってやっぱり第二の家族みたいなものなんでしょうね。出会えた奇跡が素晴らしい。

 

ちなみに、ジャニーさんは姉も兄も1人ずついる末っ子で、生涯現役プレーヤーとなる場合が多く、あまり管理者としては向いていないけれど、何か一つのことに飛び抜けた才能を発揮することが多いようです。派閥がなくなってきているという今、グループの垣根を超えて新しい組み合わせが見れることが楽しみです。また、次にデビューするグループはどんな構成になるのかも楽しみで、まだまだ目が離せません。

 

 

 

目で見て楽しむFANTANその4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンミ関連

 

  • ベロベロに酔っ払った大泉さんに道が凍って危ないから「よーし大泉、大丈夫だ!」と手を繋いで歩いた戸次さん。それをちゃんと再現する二人。「目撃した人にホモに思われる」という大泉さんに、「だってすごい凍ってたからさぁ!危ないじゃん!」と戸次さん。
  • また、「明日二日酔いでしゃべれないかも…」という大泉さんに「大丈夫だ、おれがかわりにしゃべる!」という戸次さんだが、張り切って空回りした挙句トーク中にトイレ(大)が我慢できずに途中退場。「お前のそういうところ大っ嫌い!」と満面の笑みで言う大泉さんは調子を取り戻していつものトークへ。

 

 

目で見て楽しむFANTANその3

 

戸次さん結婚後!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目で見て楽しむFANTANその2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪童カーテンコール関連

 

 

 

  • 安定の雨で「お足元の悪い中…」と大泉さんを指差す戸次さん。「公演の要所要所で降らせる』と文句を言う戸次さんに大泉さんが「いつも一緒」と一言。大泉さんは「いつも一緒だから雨男はシゲの可能性がある」とのこと。

 

  • 名古屋でも雨を降らせた大泉さん「自分で自分が怖い。ここまで来たら全ての都市で降らせたい」。戸次さんは「謝って住むことではないけど、彼には悪気がないから許してやってくれ」と庇い、「十年来この人の隣にいるから、もしかしたら自分が雨男なのかもしれない説が出ている」と認め、大泉さんは全力で頷く。そして名古屋の思い出は大泉さんと一緒に行った「矢場とんが美味しかった」。

 

 

 

 

 

 

目で見て楽しむFANTAN(※随時更新予定)

 

個人的な記録としても含めて、自分が愛でてきたFANTANをとにかく集めました。

主に「おにぎりあたためますか」から見つけた仲良しFANTANを目で見て楽しみましょう。 これを見てハマっても責任は取りませんよ!

 

 

jagaimo.hatenablog.com

jagaimo.hatenablog.com

jagaimo.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 公式も推すww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海学園大学演劇研究会の 5人がTEAM NACS に就職した話 その2



  • 本気で続けようと思い始めたからこそ~ 2007年HONOR で解散の危機~


10周年を経ての本公演「HONOR〜守り続けた痛みと共に〜」では、他のメンバーが心配するほど、森崎さんと戸次さんの仲が悪くなってしまいました。戸次さん曰く、これはいい、これはおかしい、おかしいところは全部直してもらわないと納得出来ない、飲むということが若くて出来なかったと言います。


特典映像の稽古風景を見ると、目を合さずに「これはこうじゃないとおかしいんじゃないか」と静かに討論する、まさに冷戦状態 (笑) 。もちろん、お芝居に真剣だからであって、お芝居以外ではいつもどおりおバカで楽しそうでした。しかし、当時はそれぞれの立場ゆえに、史上最悪の険悪ムードに。その大きな要因には、みんなと同じように東京で仕事をしてみたけれど肌に合わず、北海道で頑張ろうと思っている森崎さんと、東京でピンの役者としても成長したい 4人とのがありました。

森崎: NACSのみんながどんどん全国で活躍の場をつかんでいく中で、自分もそうでなきゃいけないのかなと焦る日もありました。『 HONOR』の時は苦しかった。(中略 )台本に関して侃々諤々になるのはいつものことなんですけど、でもいつもだったら「いや、俺には正解が見えてるんだから、これで行かせてくれ!」って言えたんです。でもその時は言えなかった。「わかった、書き直してくる」って、全部引き受けてしまったんですね。追い込まれちゃって。当時の僕はみんなの要求を引き受けることが「余裕」なのだと思っていたけど、違うんですよね。余裕が無い中、自分そのものがどんどん削られていったんです。 *1


いつもどっしり構えて先を進んでくれていたリーダーが、その勢いを失い始めてしまった。 TEAM NACSの象徴とも言える存在の森崎さんですから、やはりチームの士気も担っていて。まさに、大学時代からの親友と、仕事仲間との間で感情が板挟みになっているピークだった気がします。

安田:色んな思いはありますよ。大学時代からですから、根っこからですからね。情だとか、好きとか嫌いとか、感情的なものとか。ビジネス的なこととか、後はやっぱり楽しいなっていうその純粋な思いとか色んな物がありますけど。利用するところは利用しないといけないし、純粋なものは純粋なままにしないといけないし。 (様々な思いが) マーブルな形でありますけどね。 *2


5人で舞台を作ることが、単純に楽しかった結成当初から、産みの苦しみに悩まされる現在。楽しさが少なくなってまでも、一緒にやるべきなのか。彼らはお互いが大事だったからこそ、本当に仲が悪くなることだけは避けたかったように感じます。そんな解散の危機に直面した時、「じゃあどうするのか」「やめるのか、やるのか」とそれぞれが自問自答したその時、彼らは「やりたい」と思ってくれました。

音尾:結局解散しないって言うことは、それぞれがそれぞれに TEAM NACSというものを大事にしているんだなぁと思うよねえ。 *3

安田:最近思ったの。どうしても「やらねばならん」って思うじゃん。例えば生活に追われてとか、仕事としてとか。逆にそれがプレッシャーになっちゃう時ない?俺はそういうことあるの。常にそう。で、ふと「これはやってもいいし、やらなくてもいい」って、自分どうすんのかな?って思ったら…やりたいんだよね。うん。 *4

戸次:決して集まりたい!あいつらに会いたい!って訳じゃないんだけど、でも集まれなくなったら寂しいんだろうなと思う気がするし、 5人で芝居してる時は誰よりも近い客として 4人を見てる。やっぱりファンだから!あの 4人のファンだから!*5

大泉:最終的には 5人で認められたいっていう思いがあるから。腹も立つんだけどね、物作っていればケンカもするし。やっぱりこう、身内感覚があるからさ。自分の身内には気を遣わないし、でも俺達は本当の親族でもないから腹も立つんだよね。だけどやっぱり身内なんだな。 *6


彼らは、自分たちでスタートさせたグループだからか、何かあった時に立ち止まって、振り返るのを恐れない人たちというか。大学時代の親友から続いている自分たちから教えてもらうことができたようです。


中でも、あれだけ森崎さんと冷戦状態だった戸次さんが考えたのは、打算的なことではありませんでした。

戸次:リーダーがいないとダメですよ。全然まとまらない。俺ももちろん NACSのことを愛してるけど、リーダーが一番愛してる。そんな人がリーダーだからリーダー足り得てるところがあるのね。ものすごいカリスマ性がある人でもないし、ものすごい才能がある人でもないんだけど、 NACSのリーダーはモリしかいないねって、それはもう他 4人の共通認識だと思いますよ。これはね、 NACSに入ってみないと分かんない。入ってみないとただのきれいな言葉に聞こえちゃうんだけど、実感としてそうありますね。 *7

戸次:みんなが何を考えてたかはわからないけど、俺の場合は、リーダーのことも考えた。もし辞めたら今リーダーどんな思いになるんだろうなって。俺に関しては半分以上ありましたね。あの人、森崎博之さんという人がいたから、やっぱり続けましょうと思った。*8


そして森崎さんも、そのリーダーである強さで見事に耐えました。

森崎:俺は向き合う方向がバラバラでもいいと思うけど、よく言う方向性の違いにも通じるんです。表裏一体なんです。でも、そこは僕は前向きに捉えて、守りながら攻めている …つもりだなぁ。*9


これは私の考えですが、 5人でのレギュラー番組「ハナタレナックス」が継続していて、集まってバカバカしいことをする機会があったのも大きかったと思います。


この時の決意が今までやってきた証であり、これからを左右するとわかった 5人は、続けることにこだわるようになってきます。

戸次: TEAM NACSのメンバーもそうですが、 ”続ける” ということが本当は一番難しくて、でもそれが何よりの目標なんですね *10



  • 続けるためにはどうするべきか~エースの風格~

ハイペースでは続かないことがわかった 5人は、より続けやすくするにはどうすればいいのかと考えるようになります。そして、本公演のペースを落とすように至ってくるのですが、最も関係が悪化していた「 HONOR」の2007 年から 2年後に行われた本公演を、大泉さんが「自分が作演出をやる」と名乗り出ました。


大泉さんがそれを名乗り出るまでには、戸次さんの存在も大きかったようです。元々思考が似ている戸次さんに、大泉さんは気持ちを吐露し、戸次さんも同じ気持ちを共有することで大泉さんの支えになっていたようです。

戸次:たぶん、メンバーの中で今あいつ (大泉さん) といる時間が一番長いのは俺だと思うんです。番組を一緒にやっていて、移動中とか宿とか VTRが回ってない時間に色々話すんですよ。そうすると自然と NACSの話題になって、『とにかく続けたい。そのために今何ができるか?何が問題なのか?』って、本当によく話すんですよ。単純に、自分よりもヤツのほうが NACSのことを考えてる。それを聞いて逆に驚くんですね。俺らって大泉が『もうやめよう』って言ったらなくなってしまってもおかしくないと思うんですよね、正直。ところが、そのカギを握っている大泉が、誰よりも NACSを続けたいという意思をみってることが、我々にとっては本当にありがたいし、嬉しい。 *11 

戸次:稽古場での空気が段々重たくなってきたのが、僕らが全国で仕事をするようになった 04年あたりからなんですよ。それが、 3作品も続いた。大泉もそれに耐えられなかったんでしょうね。そこでアイツは『もう一度、学生の時みたいに、とにかく楽しい稽古がしたい』って言ったんです。そのために、脚本会議をしない形で公演を迎えたいと。で、残されたメンバーで、リーダーの代わりにホンが書けて、演出もできる人間は誰だと考えた時、僕は大泉しかいないと思ったんです。 *12


次の本公演を誰が担当するのかという会議は、劇場の予約をおさえるために「 HONOR」の公演からわずか半年後に行われました。その時、戸次さんの後押しもあり、勇気を持って名乗り出た大泉さんには忘れられない出来事がありました。

大泉:そこで僕が立候補する形で、次の脚本が僕に決まったんです。でもその後すぐに札幌に帰らなくちゃならなくて、車で羽田空港に向かっていました。その時、音尾からメールが来たんです。”情けない“って。”大泉に「俺が書きたい」と言わせたことが、それに頼るしかない自分たちが情けない“って。それ読んでね、空港に向かう間、号泣したんですよ。あいつからそんなメール貰ったことなかったし。”いや、その言葉だけで十分だ。がんばるわ!“って返したのを覚えています。 (中略) だからその次に舞台を作る僕の使命は“面白いものを作る”と同じくらい“楽しく稽古すること”だったんです。それができないと NACSが続かないと思ってましたから。そんな想いを持って、僕が“次の NACSを書かせて欲しい”って言ったのを痛いほど分かってたから、音尾はあんなメールをくれたんだと思います。 *13


エースに頼るしかない状況に、いつの間にかただ甘えるだけではなく、フォローできるようになった末っ子。続けたい気持ちはみんな一緒。ここがエースの頑張りどころです。しかし、それでも完全に楽しく稽古することはできませんでした。

大泉:あの頃は本当に辛かったですねぇ…。僕的には台本作りで延々メンバーと会議したということもないし、演出の仕方もかなり気を遣ったつもりだったので、それでも稽古ではギクシャクしたのが、ショックでした。『下荒井〜』後の次の公演を話し合う会議の席で、メンバーに話をしました。”ちょっとNACSの今後のことは考えたい”って。


しかし、それは再びの解散の危機ではありませんでした。続けることを選択した5人の頭には解散の文字はありませんでした。

大泉:自分のことを光らせてくれるのは誰なのか、一緒にものを作る時、一番面白く作ることができるのは誰なのかということを、5人全員がもうわかってしまっているんですよね。”やっぱりこの人たちしかいないんだよね”って。こいつらといる時が、自分は一番面白いし、光るんだって。その想いはみんな同じなんじゃないかと思います。*14



そして続けるにはどうするべきか、という課題は、次第にメンバーとの関係性を維持していくというものに変わっていきました。





  • 下荒井から WARRIORまでの3年と、 WARRIORから悪童までの3年

この 2つには大きな違いが生まれました。大泉さんが広げた「本公演=森崎博之の作演出」という枠を抜けた可能性。私はてっきり、「 WARRIOR」が最終形態だと思っていましたが、今年の「悪童」で、正直ここにきて更に絆が深まるとは思いませんでした。

「 WARRIOR」では、大泉さんが先頭に立ってそれぞれがTEAM NACSを大きくしていった結果、前回より 2万人も動員を増やした大きな会場を回るツアーとなりました。即日完売した7万枚のチケットに、 5人は言わば顧客であるファン、みんなで大きくしていった会社であるTEAM NACSへの感謝を通じて一つになっていました。

戸次: TEAM NACSを擬人化するとしたら、僕はこの人にすごくお世話になっているんです。僕の人生のモットーはギブ&テイクですから、絶対に借りは返さなければならないと思うわけ。じゃああどうするかというと、自分がピンで売れることなんです。それで「この人は TEAM NACSの一員らしいよ」と言われてバリューを上げることでしか、借りは返せないと思っている。 5人で面白いことをするのは、 TEAM NACSさんにとって、それほど目に見えるお返しにはならない。劇団の価値を上げるには、それぞれが売れることが必要なんです。個人の仕事の場合、僕はそういう思いで頑張っているんですよ。 *15 


そして、TEAM NACSというものの捉え方がようやく5人、一致し始めたように感じます。


安田:仲が悪かったら一緒にやらないんだから、仲は良いと思いますよ。*16

音尾:この5人だけにしか絶対にわからない思いというのが、すごくある。*17

大泉:この人たちと出会った奇跡というか、それをすごく大切にしたくて。*18

戸次:最近のNACSは円熟期に入ってきたんじゃないかと思っているんです。*19

森崎:それぞれがそれぞれその人で在り続けてくれれば、5人集まればそれこそがTEAM NACSなんだ、ということなんです。*20


本公演の度に仲が悪くなるほどぶつかってきた
NACSは、それが取り柄だとしていましたが、年輪を重ねて穏やかになり、仲が悪くならないような方法を取るようになってきました。


そのために、まずはいつも一人で抱え込ませてしまっていた森崎さんに感謝をし、開放させることが次なる目標となりました。

大泉:うっとおしいからやめてくれよ!って言っちゃったり、笑ったりはするけど、”俺はNACSが大好きだ!”とリーダーが言い続けてくれることに、実は何より安心感を抱いているんです。NACSっていうのは僕ら5人が集まった時のただの名前で、実は実態がないものなんだけど、そこに確かな存在感を出してくれるのがリーダーなんですよね。それは誰もができることじゃない。(中略)リーダーはよく、”リーダーとは名ばかりだ”みたいなことを言うけど、自分が思っている何倍も、みんなあの人に頼ってるんですよ。*21





  • 2015年現在、全員が最もいい顔をしている~リーダーの開放~


「WARRIOR」も結局は森崎さんが演出に加わることで、以前よりかはだいぶ少なくはなりましたが、揉めることはあり、森崎さんが「札幌に帰りたい …」と嘆いてしまうことになりました。


そしてついに、今回は脚本を古沢良太さん、演出をマギーさんに託しました。それもこれも「 5人仲良くツアーに出かけるにはそうしたらいいんだろう」と考えた結果でした。

森崎:僕が一番納得したのは、一度外部の方にプロデュースしていただくことが、僕たちが一番いい状態で長続きをするためのひとつの方法だと思ったからです。ここで「何言ってんだよ!俺じゃなきゃダメだろ!?よしんばメンバーの誰かが書かなきゃダメだ。TEAM NACS はそういうグループなんだー!」って言い張っていたら (笑) 、僕の大義である、 5人で80 歳になるまで一緒にやっていくっていうのは達成できない *22 

森崎:なんかもうすごい俳優さんになった 4人の横に、農業タレントの僕が並ぶわけですよ (笑) 。これは実にスリリングというかむしろ楽しみだなと思って。『悪童』は、俺次第だとさえ言える (笑) !みんながこの 3年間、色んな現場で得てきたものを、僕は空や畑から鍛えてもらったんです *23 


森崎さんが開放できたことで、役者として4人の横に並ぶことにマイナスな思考が減り、心から楽しめるようになっています …!「いいんだ、俺にはこれが合ってるんだ…」と言い聞かせてきたリーダーが、胸を張っている!演技を楽しんでいる!

  • 40歳を超えたからこそ同じ気持ちを持った〜中間管理職のプロ〜


続けることを選択した時は、まだ打算的な考えも頭のどこかにあったはずです。しかし、今年の本公演関連で、彼らは「 5人でいること」の気持ちがついに揃ったように感じます。過去に関係が悪化していたことを笑って話している5人。TEAM NACSの捉え方について、他のメンバーの言葉に「俺もそう思う」「ほんとそうだよね」と頷ける5人。その理由のひとつには、 40歳の大台に乗ったことも関係しているのかと思います。

戸次: 30代の頃は、それぞれ東京での仕事も増えて、 “自然消滅というのもひとつの道かな ”なんていう思いもみんなの頭の片隅にはあったんじゃないかなと思うんです。でも、 40歳を過ぎた今「俺達がどこまで行けるかやってみようぜ」という気持ちのほうが強くなってきているんです。グループに対するこだわりもどんどん強くなっていますね。ここまできたのに辞めるなんてもったいないという気持ちもあるし、仲がいい時も悪い時も、紆余曲折を乗り越えて、今ようやく『継続は力なり』と思えるようになった *24

音尾:今抱いている実感は、 40歳ぐらいまでこの仕事を続けてきて、どうやらこれからも続けていける可能性があるみたいだな、ということです*25


やはりキーパーソンはエース・大泉さん。エースだからこそ人一倍敏感で繊細な大泉さんは、とにかくみんなと別れるのを阻止してきた 20年間でした。

大泉:甘ったれた考えなのかもしれないんだけどね (笑) 、僕は彼らと一緒にいたいという思いが強いんですよ。同じ時期に北海学園大学というところで気の合う仲間と出会ったという奇跡を大事にしたくってね。しんどいこともあるけど、それでも彼らと一緒にいたい。 *26 


卒業でいなくなる森崎さんの引退宣言に大泣きし、よっぽどトラウマだったのか、 20代の頃はみんなが「大学卒業したら東京で役者やるって言わないように、札幌でも成功できることを証明しなきゃ!」と森崎さんと動員数を増やすことに必死になり、 30代で本格的に東京進出をして成功するも、「自分だけじゃなくてみんなで売れたい! 5人で認められないと!」と必死に他のメンバーをアピール。険悪になってしまった時は、ずば抜けて一人忙しいスケジュールなのに「あの頃みたいに楽しくやりたい」と自ら苦しい立場を立候補する。素晴らしいエースだと思います。


40代になった今、やっとみんなが「長く続けていく」と言い始めてくれて、自分が望んでいたように個々でもみんなでも売れ始め、ホッとしているようです。

大泉: TEAM NACSであることが、だいぶ楽になってきたところはありますね。気負わなくてもいいようになれたというか。 *27


いつだってドライだったあの音尾さんさえ、続けることに前向きな発言を自ら。

音尾: TEAM NACSを辞めたり、解散する理由が特にないってことですよね。『悪童』の写真はみんなのいい笑顔を引き出せているんで、ビートルズの ”赤盤”” 青盤”みたいに、 80歳ぐらいになったときまた同じ写真を撮ってみたいですね。
一同:ああ~! *28 


The Beatles 1962-1966

The Beatles 1962-1966

The Beatles 1967-1970

The Beatles 1967-1970



今回の「悪童」関連で面白かった質問がありました。森崎さんが脚本を描く本公演ではタイトルに「☓☓続ける☓☓」という副題が付きます。もし『悪童』にそれを付けるとしたら?という質問なんですが、 5人の答えを見ると、完全に『悪童』にというより、TEAM NACSにつけているような副題を回答しているので、最後においておきます。


森崎「並び続ける物語」

安田「やんちゃし続けるおっさんの悪ふざけ」

戸次「悩み続けるおっさん 5人」

大泉「求め続けた再会の果てに」

音尾「闘い続ける人生の途中で寄り添いあう仲間たち」*29


SODA 2015年9月号

SODA 2015年9月号

STAGE navi vol.4 (NIKKO MOOK)

STAGE navi vol.4 (NIKKO MOOK)

Cut 2015年 09 月号 [雑誌]

Cut 2015年 09 月号 [雑誌]


もうすぐ、「悪童」は終わりますが、TEAM NACSは続きます。


1.
北海学園大学演劇研究会まとめ~ポジ×ネガのワンツー~ - それってつまり結局は

2.北海学園大学演劇研究会まとめ~可愛い後輩シゲと憧れの先輩二人~ - それってつまり結局は

3.北海学園大学演劇研究会まとめ~きら星の挫折と世界の弟~ - それってつまり結局は

4.北海学園大学演劇研究会まとめ~エースとの最悪の出会い~ - それってつまり結局は

5.
北海学園大学演劇研究会まとめ〜キャンプにバンドに初舞台〜 - それってつまり結局は

6.
北海学園大学演劇研究会まとめ~解散までの前編・伝説の旭川旅行~ - それってつまり結局は

7.
北海学園大学演劇研究会まとめ~TEAM NACS解散~ - それってつまり結局は

8.
北海学園大学演劇研究会まとめ〜森崎博之の決意〜 - それってつまり結局は

9.
北海学園大学演劇研究会の 5人がTEAM NACS に就職した話 - それってつまり結局は

10.
北海学園大学演劇研究会の 5人がTEAM NACS に就職した話 その2 - それってつまり結局は




*1:『STAGE navi 』2015年 vol.4

*2:ハナタレナックス特別企画 演劇ユニット TEAM NACS の真実」

*3:ハナタレナックス特別企画 演劇ユニット TEAM NACS の真実」

*4:ハナタレナックス特別企画 演劇ユニット TEAM NACSの真実」

*5:ハナタレナックス特別企画 演劇ユニット TEAM NACS の真実」

*6:ハナタレナックス特別企画 演劇ユニット TEAM NACSの真実」

*7:ハナタレナックス特別企画 演劇ユニット TEAM NACS の真実」

*8:ハナタレナックス特別企画 演劇ユニット TEAM NACSの真実」

*9:ハナタレナックス特別企画 演劇ユニット TEAM NACS の真実」

*10:『APPEALING 』2009年 7月24 日号

*11:『ピクトアップ』2007年 8月号

*12:ダ・ヴィンチ」2015年 6月号

*13:ダ・ヴィンチ」2015年 6月号

*14:ダ・ヴィンチ」2015年 6月号

*15:papyrus 』2009年 4月号

*16:「SWITCH」2012年5月号

*17:「SWITCH」2012年5月号

*18:「SWITCH」2012年5月号

*19:「SWITCH」2012年5月号

*20:「SWITCH」2012年5月号

*21:ダ・ヴィンチ」2015年 6月号

*22:『SODA 』2015年 9月号

*23:『STAGE navi』 2015年vol.4

*24:『STAGE navi 』2015年 vol.4

*25:『 STAGE navi』2015 年vol.4

*26:『ピクトアップ』2007年 8月号

*27:『STAGE navi 』2015年 vol.4

*28:『SODA 』2015年 9月号

*29:「SODA」2015年9月号